不動産を見学する時に絶対に確認したいこと

絶対確認しておきたい場所

誰かと一緒に見学しに行こう

少なくとも、自分が必要だと思っている広さはあるのか確認してください。 イメージより狭いと感じたら、もう1度考え直した方が良いでしょう。 また、部屋にはコンセントがついているか必ず調べてください。 家電を使う時に、コンセントは欠かせない存在になります。

部屋の広さを確認すること

見学に行く際は、不動産会社のスタッフと一緒に行ってください。
すると詳しい説明を聞きながら、自分にふさわしい場所なのか判断することができます。
まずは、広さの確認をしましょう。
不動産会社から紹介された時は、写真を見せられると思います。
写真を見た時は、広いと思って気に入ったかもしれません。
ですが実際に訪れると、イメージより狭いことが考えられます。
家具を設置できるスペースがあるのか、確認してください。
コンセントの位置にも、注目しましょう。

日当たりの良さも、確認しなければいけない部分です。
近くに大きな建物があると、自分の部屋に太陽の光がまったく差し込んでこない可能性があります。
風通しの良い部屋がおすすめなので、窓の数や位置をチェックしてください。
風通しが悪いと、湿気がすぐに籠ってしまいます。
すると臭いも気になるでしょう。
風通しが悪かったら、その不動産は避けてください。

あとは、周囲を気にしてください。
不動産の見学に行く際は、内装ばかりをチェックする人が多いです。
ですがこれからそこで生活を送るなら、周囲にどのような施設があるのか確認してください。
駅やバス艇が近いと言われている不動産は、実際に歩いて何分ぐらいで行けるのか調べると良いでしょう。
これから頻繁に利用するかもしれないので、時間を知っていた方が便利です。
また公園や学校なども、どこにあるのか把握しておきましょう。
それらを調べて、自分に合うか判断してください。

おすすめリンク

窓がない不動産は避ける

これからその不動産で暮らして行くなら、窓は絶対に必要です。 窓がないと、太陽の光が差し込んできません。 洗濯物が乾かなかったり、湿気が籠ったりする原因になります。 どこから太陽の光が入るのかチェックして、窓がベストな位置にあるか、確認してください。

周囲にどんな施設があるのか知る

何もない土地では、生活を送りにくくなってしまいます。 便利な施設が多い不動産が安心ですね。 自分が、普段どのような施設を利用するのか考えてください。 そこまで歩いて行けるのか、またバスなどが通っているのか調べましょう。 バス停までの距離も、計測してください。